5/28 ビストロ山(狩猟採取イベント)開催します!

廃材エコヴィレッジは「消費社会にちょっと待ったー!」というコンセプトがあります。

このまま環境を破壊し消費し続けたら地球はどうなってしまうのだろうか・・・

資本主義は「お金」に翻弄される社会。

廃材エコヴィレジを通して、「お金がなくとも生きていける技術や知識を持つことの大切さ」も実践を通して考えていきたい。

それも遊び心満載で!

ということで生まれた山食イベント!「ビストロ山」

第一回目のビストロ山のテーマは!

「山菜食・昆虫食・サバイバル食」

3名の素晴らしい講師のもと、山で収穫したものをいただきます!

ビストロ山は鹿やイノシシなどの狩猟解体企画なども開催予定!

ようこそ!ビストロ山へ

神奈川県相模原市元藤野町の隠れ里で「山を食べる」イベントを5月28日に開催します。

「山を食べる」とは「山で採取&捕獲したものを食べる」ということ!

昆虫食・山菜食・サバイバル食の専門家を3名お呼びして、みんなで収穫して、自然の中でみんなでランチをしましょう♪

第一回目は・・・

【山菜食×昆虫食×サバイバル食】

★講師紹介★

・昆虫食    内山昭一先生

内山昭一(うちやま しょういち)

1950年長野県生まれ。昆虫料理研究家。幼少から昆虫食に親しみ、99年より本格的に研究活動に入る。どうすれば昆虫をよりおいしく食べられるか、味や食感、栄養をはじめ、あらゆる角度から食材としての可能性を追究する。2013年5月、国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食を推奨する報告書を発表して以降、メディアから取材殺到。こうした気運を受け、代表を務める昆虫料理研究会の活動が大きく広がる。また、日本初の昆虫食を科学的に研究する食用昆虫科学研究会が14年にNPO法人の認可を受け、理事として啓蒙活動を続けている。主な著書に、『楽しい昆虫料理』(ビジネス社)、『昆虫食入門』(平凡社新書)、『食の常識革命! 昆虫を食べてわかったこと』(サイゾー)、共著に『人生が変わる! 特選 昆虫料理50』(山と渓谷社)、監修に『食べられる虫ハンドブック』(自由国民社)がある。東京都日野市在住。【昆虫食彩館】(昆虫料理研究会ホームページ)http://insectcuisine.jp/


・山菜食    池竹則夫先生

●池竹則夫(いけたけ のりお)

離島を除く日本各地を飛び回る植物・鳥類調査員。

地元では毎月1回藤野周辺で植物観察会を行う。

これまでに生活に取り入れてきた身近な有用植物は100種類を超える。


・サバイバル食 永野太郎先生

●永野 太郎

サバイバル食研究家 兼 現代美術アーティスト

現代美術アーティストとして「命の重さとは何か」を追求。創作をしていく中、ある日突然蝉が食べたくなりその美味しさからサバイバル食に目覚める。ありとあらゆる場所で食材を探してゆき、虫、カエル、貝や野草、はたまた薬膳酒も作り始め、食の探求を深めてゆくうちにその魅力の虜になってゆく。

「生き物が食べ物に変わる瞬間」「命の重さは平等ではない」といった食育を超えた命そのものの重さを皆で共感したい。その思いから最近は生きたカエルを捌いて食べるアートワークやサバイバル食材のみでBBQを行った映像作品など、活動の幅を徐々に広げている。


<当日のタイムスケジュール>

9:30  受付開始

10:00  イベント開始 

     採取・捕獲タイム

12:00  きょうの食材説明

    みんなで調理準備

13:00  ビストロ山ランチタイム

14:30  ビストロ山トーク

16:00頃 終了 

講師紹介

☆友情出演☆

・豪ノ米蔵・・・羽釜で美味しいご飯を薪で炊きます!

・森魔女ゆきよ・・・山菜料理指導

・ポスポス大谷倍音珈琲・・・ホーメイミュージシャンが淹れる珈琲 

☆開催場所の「藤野の隠れ里 綱子」は美味しい湧き水があります。  

 ほんとに美味しい名水ですので、ぜひ皆さんお土産に汲んでいって下さい。

■開催日時  5月28日(土)9:30から16:00頃

■参加費   2500円 小学生500円(保護者同伴参加でお願いします)

■定員    40名

■お申し込み e-mailにて受付します。

       mushifestival@gmail.com 

■開催場所  神奈川県相模原市緑区牧野9990-1 

       廃材エコヴィレッジゆるゆる村長 傍嶋飛龍邸

       当日連絡 080-4144-3588 (飛龍)

■交通手段  駐車場有 

      「JR藤野駅」からの送迎希望の方は、

     東京方面から9時3分着 

     山梨方面からは9時11分の電車でお越しください。

     ※送迎人数制限あり

■持ち物  ☆必須 長靴 マイ箸 マイ皿 マイカップ

  採取捕獲道具は各自持ってきていただけたらと思います。

     (参考) 

      ビニール袋、ペットボトル、軍手、スコップ、

      マイナスドライバー・・・

■主催   ビストロ山実行委員会 協賛 廃材エコヴィレッジゆるゆる


廃材エコヴィレッジゆるゆる

限界集落の廃工場を廃材を使ってリノベーション! エコでアートなエコヴィレッジづくり

0コメント

  • 1000 / 1000