ガラス瓶でランプシェード作り

コンポストトイレ小屋で使うランプシェードをガラス瓶で制作しました。

瓶はガラスカッターとろうそくと水を使えばカットすることが出来ます。

練習すれば誰でもできるようになると思いますよー

瓶は練習するにしてもタダで集められるので失敗を気にせずできますしね。

①瓶の底から3センチほどの場所にビニールテープを貼って、それを沿うようにガラスカッターで切り込みを入れる。

切り込みは慎重にキリキリと一発でいくといい感じ。

②ガラスカッターで傷を入れたところをろうそくの火で炙る。

回しながらゆっくり温めてきます。

③そこそこ温めたら水につけるを繰り返していると傷をつけたところにヒビが入っていきます。

ヒビが入っていったらポロって取れるときもあれば、瓶に軽く衝撃を与えると取れることもあります。

※割れたところはとても鋭利で危険なので、荒めの砥石でこすって滑らかにしておくといいです。

それからステンド技法で組み立てるとこんな感じのランプができるという感じ。

材料代はステンド技法のハンダと銅テープぐらいかな。

道具を持っていれば安いものです。

廃材エコヴィレッジゆるゆる

限界集落の廃工場を廃材を使ってリノベーション! エコでアートなエコヴィレッジづくり

0コメント

  • 1000 / 1000