屋根工事続き

コンポストトイレ小屋の屋根工事のつづき。

今日はゆるゆる村長ソロワーク。
もらって来た板材が結構汚れていたので、墨を混ぜた雑巾で拭き、オイルを塗ってみた。
すると古民家材のような色合いに。
これどんな汚れている材も綺麗に仕上がりますよ~
墨は濃度調整もできるしオススメです。

材ができたら屋根に上って材木を引き上げて、釘で板を貼り付けて、ちょいとジグソーで屋根の四隅を丸くカット。
そしてアスファルトルーフィングをタッカーで打ち込んで今日の作業は終了♪
これでとりあえず雨はもう大丈夫です。

明日、廃材でいただいた屋根材「カラーベスト」を取り付ければ屋根は完成です。
やっちゃいますよー

そうそう、昨日からはじめた「廃材エコヴィレッジ オフグリッド基金」ですが、早速11名の方がカンパしてくれることになりました!
カンパしていただいた方々本当にどうもありがとうございます。

今日、再生バッテリーを取り扱っているNPO法人 非電化地域の人々に蓄電池をおくる会さんからバッテリーの見積もりが届きました。
2v 500ahのバッテリーを12個で24v仕様の予定です。

2月には独立発電用の小さな小屋を建てて、バッテリーを収納できるようにしたいと思っています。

廃材エコヴィレッジ徐々にオフグリッド化に向かっていきます。
基金はまだまだ絶賛募集中です。
あと245000円。
ご協力していただけたら幸いです。

◆廃材エコヴィレッジ オフグリッド基金ページ◆

廃材エコヴィレッジゆるゆる

限界集落の廃工場を廃材を使ってリノベーション! エコでアートなエコヴィレッジづくり

0コメント

  • 1000 / 1000